日常

【だれでもできる】睡眠の質を上げるためにやめたこと3つ

sleep

寝るときにこんなことを思ったことないですか?

・睡眠の質を上げたい

・寝つきが悪い

・眠りが浅くて、何度も目が覚める

睡眠をしっかりとりたいなら、デジタル時計をつかってアラームをかけましょう。

アラームならスマホでいいじゃん。

ぼくもそう思ってました。

でも、寝室からスマホを排除すると、夜中に目が覚めることがなくなったんです。

夜型人間のときは、寝ながらスマホでYouTubeをみていて、朝まで寝られないことが続いていましたし、夜中に目が覚めることが多かったです。

いまでは夜にしっかり寝ることができています。

この記事では、しっかり睡眠をとる方法をご紹介します。

この記事を読み終えると、睡眠の悩みが解消されるでしょう。

睡眠の質を上げるためにやめたこと3つ

しっかり睡眠をとるためにやめたことを3つご紹介します。

・スマホを寝室に持っていかない

・夕飯のあとはパソコンを使わない

・コーヒーを飲まない

・スマホを寝室に持っていかない

デジタル時計をつかいましょう。

どうしてもスマホを持っていると、SNSやYouTubeを見ちゃうんですよね。

寝る前に音がないと、落ち着かないのはウソです。

スマホと一緒に寝ないと、さみしくなりそうなんですけどね。

思いきって1回やってみると、寝れるもんですよ。

アラームはデジタル時計で十分です。

時計1

ぼくはAmazonで買った時計を使ってます。

時計の機能しかないので、寝ることに集中できますよ。

・夕飯のあとはパソコンを使わない

夕飯を食べたあとにパソコンをいじっちゃうと確実に寝られない笑。

なので、夜は一切触らないことに決めていて、読書とか映画を見たりしてインプットの時間にしています。

夜9時とか10時に寝れるようになって、朝はやく起きられるようになりました。

寝つきもよくなって、睡眠の質も上がる。

いいことばかりです。

・コーヒーを飲まない

カフェインを断つ。

これをしてから、寝つきがよくなりましたね。

コーヒーが楽しみだったんですが、代わりに朝はランニングするようにしています。

日光を浴びにいく。

午前中に日光を浴びておくと、セロトニンが分泌されて体内時計が整うので、夜の寝つきがよくなります。

そして、セロトニンには精神を安定させる効果があるので、夜型人間のときよりメンタルが沈みにくくなりましたよ。

睡眠とメンタルを整えられるので、おすすめです。

ランニングがむずかしいなら、散歩でもいいかもしれませんね。

最後に

睡眠の質を上げるためにやめたこと3つご紹介しました。

アラームをスマホから時計に変えるだけでも効果がありますよ。

しっかり睡眠をとって、睡眠不足を解消しましょう。

ご覧いただきありがとうございました。