日常

20代男が妻の実家に泊まるときに持っていくもの パンツと靴下忘れがち

背景

妻の実家に泊まるときに持っていくものをメモとして書いていくだけの記事です。

なにかの参考になれば幸いです。

衣類

・パンツ、シャツ

・寝巻き

・外行きの格好一式

・靴下

スキンケア

・ひげそり

・化粧水

・日焼け止め

その他諸々

・お土産

・土産話

・気を使うメンタル

グッズ

妻の実家に泊まるときに持っていくもの

衣類

・パンツ、シャツ

忘れがち。

これがないと、やばい。

忘れたら2日連続同じパンツになる。

これは避けたい。

臭いだろうし、なにより気持ちが悪い。

2日連続で同じものを着ていると、かゆくなってくるんですよね。

だから、これは絶対避けたい。

妻のお父さんのパンツをはくなんてもっと避けたい。

だから、忘れずに持っていきましょう。

・寝巻き

これないと寝れません。

妻のオヤジさんの寝巻きを借りるのも気が引けますし。

忘れずに持っていくのが、ベストですね。

・外行きの格好一式

同じ服を続けて着てもいいんですが、

雨とか降ったり、汚れたりする可能性もあるので、持っていくようにしています。

・靴下

これも忘れがち。

ないときは2日連続攻撃をするしかありません。

着替えるときにないのが1番やばい。

これを避けるために、確実に準備しておきましょう。

スキンケア

・ひげそり

すぐ伸びてきます。

ひげそりって替えが効かないじゃないですか。

借りるわけにもいかないし。

なので、使い捨てのやつを持っていってます。

色々使いましたが、結局このタイプのひげそりに行きつきました。

洗顔をしながら使ってますが、肌が荒れることもなくしっかり剃れます。

1本66円でコスパがいいですよね。

・化粧水

洗顔したあとの乾燥。

化粧水があったほうが肌のためになります。

1日くらいならいいんですが、2〜3日になると化粧水を欲します。

これは自己満足の世界です。

コスパを重視して買っています。

大量に使えるのが魅力。

洗顔が終わると、顔をびしゃびしゃにするくらい使ってます。

・日焼け止め

あんまり日焼けしたくない。

女子みたいで気持ち悪いかもですが、キレイな顔でもないのにシミになるのが嫌なんですよね。

できるだけ外出するときは、持っていくようにしています。

これも自己満足の世界です。

水みたいに伸びていくので、使い勝手はいいと思います。

安くコスパの良いものを使っているだけなので、

他に使いたいものがある方はそちらをご購入ください。

その他諸々

・お土産

ご当地のお土産になりますよね。

3種類くらいのローテでなんとかする。

好みがわかっていれば、ラクです。

あらかじめ情報を仕入れておくといいかも。

毎回持っていっていると、「無理に持ってこなくていい」って言われて

それからいっさい持っていってないです。

土産話

こんなもんありません。

以上。

共通点がすくなすぎるので、ほとんど話すことがないですね。

おしゃべりがうまい人は話せるんでしょうが、

ぼくは根暗なんで、プリウスくらい静かです。

・気を使うメンタル

気をつかって、正直疲れます。

ゆっくりしにいくことじゃないです。

あれは我慢しにいくとこ。

気を使うので、長居したくないのが本音です。

最後に

ぼくが妻の実家に泊まるときに持っていくものをご紹介しました。

なにかの参考になれば幸いです。

がんばって我慢をしにいってください!

ご覧いただきありがとうございました。