ホームルーター

機械が苦手でもわかる!ホームルーターについて解説します

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「機械が苦手でホームルーターのことがよくわからない」

「Googleで検索してみたものの結局ホームルーターのメリット・デメリットって何?」

という方、いませんか?

僕もホームルーターを使う前までは、ホームルーターってマジで使えるのかよ?と思っていました。

ですが、実際にホームルーターを使ってみると、

  • ホームルーターの特徴
  • ホームルーターを使うメリット・デメリット

が明確にわかりました。

今でもホームルーターを愛用しており、使用歴は4年目に突入しております。

この記事では、機械が苦手な方でもサクッと内容がわかるように

を解説してきます。

ということで、さっそくホームルーターの説明から始めますよ!

ホームルーターを使うメリット・デメリット

まずはホームルーターを使うメリットから解説していきます!

ホームルーターを使うメリット

ホームルーターを使う最大のメリットは、

工事をしないですぐにWiFi環境を整えられること

です。

固定回線だと工事が必要になるので、今すぐにネット環境を整えるのが難しいですよね。

でも、ホームルーターを使えば、SIMカード挿入&コンセントに繋ぐだけで、届いたその日にネット環境が整います。

なので、

  • 今すぐネット環境が欲しい
  • なるべく工事をしたくない

という方におすすめです。

ちなみに、Googleで固定回線の工事内容を調べると、

  • 工事費用:3,300〜22,000円
  • 工事までの期間:連絡から1週間程度、繁忙期は1ヶ月ほど
  • 工事時間:15分〜1時間(マンションの形態による)

とのことです。

つまり、ホームルーターを使えば、

  1. 工事費
  2. 工事までの期間
  3. 工事時間

この3つのお金と時間を節約できるといえますね。

ねこ
ねこ
タイムパフォーマンスがいいってことね!

そして、一番気がかりなのは「ちゃんと使えるか?」ということだと思います。

結論から言うと、普段使いをするなら問題なく使えます!

ホームルーターを使うデメリット

続いて、ホームルーターを使うデメリットを紹介します。

固定回線と比較すると、

  • 通信が不安定になりやすい
  • 通信制限にかかる場合がある

この2つです。

通信が不安定になりやすい

ホームルーターは、電波塔から発信された電波を利用しているので、固定回線(光回線)より通信が不安定になりやすいです。

建物の壁や線路などの障害物があると、スマホやホームルーターまで電波が届かない可能性が高くなります。

鉄筋コンクリートの建物は、電波が通りにくいので、ホームルーターと相性が悪いかもしれません。

さらに、天候にも電波の強さは左右されてしまい、雨が降れば電波が吸収されてしまうので、ネットに繋がりにくくなる可能性もあります。

なので、ホームルーターを使いたい場所で、今お使いのスマホの電波を確認してみてください。

もし電波がつながりにくいのであれば、固定回線を使いましょう!

 

通信制限にかかる場合がある

データ使用量が多すぎると、一時的に通信制限がかかることがあります。

例えば、オンラインゲームを何時間もぶっ続けでしてしまうとかですかね。

とはいえ、動画を楽しんだり、SNSを見たりするくらいであれば、通信制限がかかる可能性は低いので、ホームルーターを使ってみたい方はありですね。

ねこ
ねこ
僕は動画を毎日見て、月200GB以上使うけど、通信制限にかかったことは一度もないよ〜

ということで、以上がホームルーターのデメリットになります。

一旦まとめるとこんな感じです↓

メリット・デメリットまとめ

・メリット

工事不要ですぐに使えるので、タイムパフォーマンスがいい

・デメリット

オンラインゲームなど通信容量が大きいものには不向きだけど、普段使いなら問題なく使えるよ

続いて、これらのメリット・デメリットを踏まえて、ホームルーターを使う前に注意点があります。

ホームルーターを使う前に必ずチェックしておきたい注意点2つ

ホームルーターを使う前にチェックしておきたい注意点は2つです。

  1. 使う場所は電波が入りやすい環境か?
  2. WiFiの用途は?

それでは順番に解説していきます!

使う場所が電波が入りやすい環境か?

注意点①使う場所は電波が入りやすい環境か?

まず1つ目は、電波が入りやすい環境かどうかです。

ホームルーターは電波を使ってWiFi環境を整えるので、『電波が入りにくい地域』や『建物の中』では使えません。

なので、「電波が届かなくて家でスマホが使えないんだよね〜」という方はホームルーターより固定回線(ドコモ光やフレッツ光など)を利用しましょう。

注意点②WiFiの用途は?

2つ目の注意点ですが、WiFiの用途です。

オンラインゲームなど処理能力が求められることをするのであれば、ホームルーターは不向きです。

ホームルーターを使ってオンラインの格闘ゲームやシューティングゲームができないことはないですが、途中でゲームが止まったり、通信の遅延で思うような操作ができなかったりする可能性があります。

とはいえ、動画を見る程度なら十分使えますので、そこまで通信品質を求めないのであれば、ホームルーターを使うのもありですよ!

【ポイントは3つ!!】ホームルーターの選び方

ここではホームルーターの選び方を解説していきます!

ポイントは『3つ』あります。

  1. 通信の品質
  2. 料金
  3. 使い方

順番に見ていきましょう!

ポイント①通信の品質

まず通信の品質です。

ホームルーターを使ったはいいものの電波が届かないと残念ですよね。

そういうことを防ぐためにもホームルーターを使う場所の電波状況を確認しておきましょう。

ホームルーターを扱っている大手キャリアは以下の通り。

  1. NTTドコモ
  2. KDDI(au)
  3. UQ コミュニケーションズ(UQ WiMAX)
  4. ソフトバンク
  5. 楽天モバイル

お住まいの地域で、電波が入りにくいキャリアもあるはずです。

例えば、

僕は田舎に住んでるので、楽天モバイルの電波が入りません。。

みたいなことです。

ですが、よくわからないという方も多いと思うので、

「今お使いのスマホのキャリア」

もしくは

基地局の数が多い「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の大手3大キャリアに絞るのがいいかと思います。

ちなみに、UQ コミュニケーションズは「au」の電波なので、こちらも選択肢に入れてもOKですよ。

ポイント②料金

続いてのポイントは、『料金』です。

ホームルーターにかかる費用は、

  1. 端末代金:7,000〜4万円
  2. 月額の通信費:4,000〜5,000円
  3. 事務手数料:3,300円

です。

端末代と月額の通信費は契約するホームルーターの会社によって異なります。

ホームルーターの用途と予算を見ながら選ぶのがいいでしょう。

キャリアによってはスマホ料金とのセット割があったりするので、チェックしてみてください。

事務手数料は3,300円と一律のところが多いですね。

ポイント③使い方

ホームルーターには、

  • 据え置き型(家に置いておく)
  • モバイル型(持ち運びできる)

この2種類があります。

家で使うことを考えている方 → 据え置き型

家でも持ち運んでも使いたい方 → モバイル型

を選ぶのがいいでしょう。

ほとんどのキャリア(会社)が据え置き型を提供しているのですが、UQ コミュニケーションズの『UQ WiMAX』のみモバイル型のホームルーターを提供しています。

ねこ
ねこ
ぼくは持ち運びもしたいから『WiMAX』を使ってるよ〜

代表的なホームルーターは5種類

代表的なホームルーターは以下の5種類↓

  1. ドコモ:home5G
  2. au:Speed Wi-Fi HOME 5G
  3. UQ WiMAX:WiMAX 5G
  4. ソフトバンク:ソフトバンクAir
  5. 楽天モバイル:Rakuten Turbo(楽天ターボ)

順番に解説していきます!

ドコモ:home5G

 

au:Speed Wi-Fi HOME 5G

 

UQ WiMAX:WiMAX 5G

 

ソフトバンク:ソフトバンクAir

 

楽天モバイル:Rakuten Turbo(楽天ターボ)